RSS

    タグ:ホリエモン

    large_854935_2



    1
    :2016/04/22(金)10:49:10 ID:
    実業家の堀江貴文氏が21日、自身のツイッターで、熊本地震の被災地への義援金として、
    熊本県に500万円を寄付したタレント・紗栄子に批判がある事に「何で批判されるのか分からんわ」と疑問を呈した。
    紗栄子は19日にインスタグラムで、2人の子供と一緒に、熊本県に500万2000円を寄付したことを公表。

    また紗栄子と交際中のIT企業経営者の前澤友作氏もツイッターで1000万円を寄付したことを明かした。
    これに対し、即実行に移したことを称賛する声や、被災地から感謝の声が寄せられる中、
    一部に「額まで公表する必要があるのか」との批判や「偽善」「売名」との誹謗中傷もある。

    紗栄子はこの日、インスタグラムで寄付について「いろんな意見がありますが、一人でも多くの人が寄付について改めて考えてくださり行動に移してくれたらとの思いで、
    批判も覚悟の上、実名での振り込み明細を掲載しました。 信念を持っての行動なので、私は何を言われても大丈夫です。」と綴った。

     この一連の流れに、堀江氏は「何で批判されるのか分からんわ」とツイートした。
    4:2016/04/22(金)10:51:05 ID:
    寄付するなら黙って寄付すればそれでいいのに
    なぜわざわざ金額を公表するのか
    6:2016/04/22(金)10:52:12 ID:
    「寄付しない」って言うと「何かやれ」って言う
    「寄付した」って言うと「売名だ偽善だ」って言う

    こだまでしょうか
    8:2016/04/22(金)10:52:31 ID:
    ダルビッシュの金やぞ
    【【朗報】ホリエモン、正論を言う】の続きを読む

    1411552228200

    1 :名無しさん@おーぷん:2016/02/10(水)02:01:35 ID:ir6() ×
    ◆ホリエモン、56億円の“宇宙詐欺”に引っかかる 米テキサス州で訴訟起こしていた
    “ホリエモン”こと堀江貴文氏(43)が約56億円の現金をだまし取られたとして、米テキサス州で訴訟を起こしていたことが分かった。

    週刊文春が入手した裁判資料によると、「本件は、民間の宇宙船マーケットで起きた詐欺」として、堀江氏がヒューストンの弁護士であるアート・ドゥラ氏らを訴えている。

    堀江氏はロシア製の宇宙船「アルマズ」を利用した宇宙プログラムに投資していたが、後に宇宙船が展示以外に使えない“ポンコツ”であることが判明。投資金などの返還を求めている。

    一方、ドゥラ氏側は裁判で「何ら不正行為は行っていない」と全面否認している。

    堀江氏に取材を申し込むと、取材には応じず、自らのブログで事実関係を認めた。そのうえで「どうせ文春は面白おかしく『ホリエモン詐欺に引っかかる(笑)』と書いて (中略)茶化すつもりだろう」としている。

    “情報強者”の立場から社会的発言を続けてきた堀江氏だが、これほど大きな舞台装置で騙されることは「想定外」だったのだろうか。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160209-00005860-sbunshun-soci

     
    2 :名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)02:03:02 ID:bxZ ×
    コマ?


    3 :名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)02:03:14 ID:tEK ×
    はぇー意外


    4 :名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)02:03:26 ID:YPJ ×



    5 :名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)02:04:02 ID:GpO ×
    やっぱベッキーって神だわ


    6 :名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)02:04:28 ID:8IF ×
    やベ神


    7 :名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)02:05:02 ID:QfI ×
    さりげなくセンテンススプリングの話も出てるやん

     



    style="display:inline-block;width:770px;height:168px"
    data-ad-client="ca-pub-4491043698969716"
    data-ad-slot="8842519656">




    【ベッキー「おい」ホリエモン「はい」】の続きを読む

    このページのトップヘ